動画で阪神大震災犠牲者追悼 学生と教職員23人死亡の関西学院大が配信

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
動画で被災体験を語る打樋啓史宗教主事=関西学院大提供
動画で被災体験を語る打樋啓史宗教主事=関西学院大提供

 1995年の阪神大震災で学生15人が亡くなった関西学院大(兵庫県西宮市)は6日、震災犠牲者を追悼するメモリアル・チャペル(礼拝)の動画配信を始めた。礼拝は震災翌年の96年から続けているが、新型コロナウイルス感染防止のため今年は対面実施を断念。オンラインを通じ、ともに祈りをささげようと呼びかけている。

 震災では関西学院の大学などの教職員8人も犠牲となった。動画では震災で本棚が横倒しになった大学図書館や阪急甲東園駅前の被災写真などで被災を伝えた後、キャンパス内のランバス記念礼拝堂へ。神戸市灘区で被災した社会学部教授の打樋(うてび)啓史宗教主事(53)が被災経験を語った。当時は関学大の大学院生で下宿は全壊。余震におびえる中で、妻と泊まっていた友人、家主と避難生活をし、「誰かと一緒にいるということが…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文719文字)

あわせて読みたい

注目の特集