メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

警視庁尾久署長がコロナ陽性 自粛求める通達後、十数人で会食

警視庁=米田堅持撮影

[PR]

 警視庁は6日、尾久署(東京都荒川区)の男性署長(60)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。署長は昨年12月28日夜、署員3人と交通安全協会のメンバーら計十数人による懇親会に参加し、数人で2次会にも出席した。警視庁は当時、5人以上での会食自粛を求める通達を出していた。署長は8日付で警務部付に異動となる。

 警視庁によると、署長は1日に発熱して3日にPCR検査を受け、5日に陽性と判明した。懇親会には署長のほか、交通課長や同課警部補ら署員3人が出席し、交通課長も陽性と確認され、警部補1人も発熱している。懇親会への参加の経緯などを確認するという。

 警視庁は新型コロナの感染拡大を受け、今月5日以降は人数に関わらず会食を自粛するよう職員に求めている。【斎藤文太郎】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. ネパール隊がK2の冬季登頂に初成功 世界第2の高峰

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです