特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

都内コロナ病床3000床埋まる 確保分の88% 「現場はぎりぎり」「通常医療に影響」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの急速な感染拡大の影響で、東京都内の医療提供体制が厳しい状況に追い込まれている。都は患者を受け入れる専用病床を3500確保しているが、年末年始に入院患者は増え続け、6日時点で3090人に上り約88%が埋まった。日々増える新たな患者の入院先の調整も難航し、医療関係者からは「限界が近づいている」という声が上がっている。

 軽症と中等症の患者を受け入れている河北総合病院(杉並区)は、36ある専用病床がいっぱいの状況が続く。11月ごろから高齢の入院患者が多くなり、現在は8割を占める。食事や排せつの介助にあたる看護師らの負担は増えた。年末年始も対応した職員の顔には疲れの色がにじむ。

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文968文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集