メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

システィーナ礼拝堂の赤ちゃん洗礼式、今年はコロナで中止に

 キリスト教カトリック総本山のバチカン(ローマ教皇庁)は1月5日、ローマ教皇がシスティーナ礼拝堂で赤ちゃんの洗礼を行う恒例の儀式を今年は中止すると発表した。バチカン・メディア提供(2020年 ロイター)

[PR]

 [バチカン市国 5日 ロイター] - キリスト教カトリック総本山のバチカン(ローマ教皇庁)は5日、ローマ教皇がシスティーナ礼拝堂で赤ちゃんの洗礼を行う恒例の儀式を今年は中止すると発表した。

 新型コロナウイルスの流行に伴い、行動制限措置が導入されていることが理由。

 洗礼式は10日に予定されていた。中止になるのは、ヨハネ・パウロ2世が数十年に前にこの儀式を初めて以降、初めてとみられる。

 バチカンは新型コロナの流行を受けて、宗教行事への参加を厳しく制限している。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. 「その気になればできる」 国産長射程ミサイルに込められた「隠れた狙い」とは

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです