メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活ナビ

退職金を運用する時の注意点は?

ファイナンシャルプランナー 平田純子

 Q 退職金を運用する時の注意点は?

 一時金で受け取った退職金の運用について相談です。今までは運用といっても株や投資信託を少し買った程度しか経験はないのですが、まとまった資金の運用における注意点を教えてください。(60代、男性)

必ずリスクあり 投資の分散を

 A 退職金を受け取ったものの当面使う予定がないので、将来のために少しでも増やしたいと多くの人は考えるようです。付き合いのある銀行や保険会社から「普通預金に置いておくだけではもったいない」と投資商品や保険商品を勧められているという方もいらっしゃるでしょう。そうしたセールストークをうのみにして大切な老後資金の一括投資をして後悔している、不安を抱えているという人も多いのではないでしょうか。

 運用をする上で念頭に置くべきことは、運用には必ずリスクが伴うこと。絶対安全はありません。一方、リスクを軽減して安定的に運用することも可能です。一般的にリスク軽減の3原則は、投資先分散、時間分散、長期運用といわれています。投資商品として株や債券、投資先として日本や先進国、新興国などに分散し、資金の一括投資は避けて毎月一定額の積み立て方式、そして少なくとも10年以上の長期目線での運用が不可欠です。6…

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文1048文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 重症者最多934人

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  4. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  5. コロナ「第2波」で自殺16%増 東京都健康長寿医療センター分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです