メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

鶴澤清治(文楽・三味線方) 表現のぶつかり合い大切 来月、文化功労者顕彰記念公演

鶴澤清治さん=竹内紀臣撮影

 昨年、文化功労者に選ばれた。文楽の三味線方としては初の栄誉である。

 「縁がないと思っていたので驚きました。僕なんかよりも数段立派な三味線弾きさんがいただけなかったものを申し訳ない。そう感じております。三味線弾きでもチャンスがあるんだなと、これからの人の励みになればと思っている次第です」

 2月の東京・国立小劇場での文楽公演は「鶴澤清治文化功労者顕彰記念」と銘打たれた。第一部で、「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」の「御殿」の前を豊竹呂勢太夫の語りで弾く。

この記事は有料記事です。

残り975文字(全文1205文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 英変異株、初の市中感染か 英国滞在歴ない静岡県の男女3人

  5. 全国で新たに4927人感染確認 月曜最多 重症者973人、15日連続最多更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです