安全な道路横断、市民ら疑似体験 所沢 /埼玉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
手を上げて道路横断を疑似体験する子どもたち=埼玉県所沢市元町で2020年12月8日、清藤天撮影
手を上げて道路横断を疑似体験する子どもたち=埼玉県所沢市元町で2020年12月8日、清藤天撮影

 所沢署は、歩行者シミュレーターを使い、歩行者が安全に道路を横断する疑似体験会を、所沢市中央公民館で行った。県警が2020年秋に導入しており、使用するのは初めて。

 県内の交通死者数のうち歩行者は33%と最も多い(20年11月末現在)。県警は、20年春から各警察署管内に「歩行者ファースト路線」を設定したほか、歩行者優先義務を定める道交…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文418文字)

あわせて読みたい

注目の特集