メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住んで!埼玉

/6 春日部 まるでシルクロード 庭の窯で焼く「ノン」 /埼玉

焼きたてのノンを手にするシェルゾッドさん(左)と香織さん=埼玉県春日部市で2020年12月1日午後0時18分、藤田祐子撮影

 <住んで!埼玉(SAITAMA)>

 大型トラックや乗用車が昼夜行き交う春日部市増富の国道16号。その交差点に近い民家の敷地に、日曜だけ営業するベーカリーがある。店名は「シルクロードベーカリーSHER(シェル)」。並ぶのは中央アジアの主食「ノン」。キルギス出身のノン職人、サトゥバルディエフ・シェルゾッドさん(32)、横浜市出身の香織さん(35)夫妻は2014年暮れ、家族でこの家に越してきた。「内見に向かう車の中で『この道、故郷のシルクロードに似てる。ここにしよう』と。家に着く前に決めました」

 シェルゾッドさんはキルギス南西部の都市オシの郊外で生まれた。祖父の代からノンづくりを営む。実家の自宅兼店舗の目の前はウズベキスタン国境に続く幹線道路。かつて絹の交易路として栄えたシルクロードの一つだ。現在は舗装された道を長距離トラックが昼夜通り過ぎる。

この記事は有料記事です。

残り962文字(全文1337文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. トランプ氏の弾劾裁判、「2月第2週」開始 上院の民主と共和が合意

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです