リニア用地交渉難航 陥没事故影響 「駅」周辺募る不安 /神奈川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 リニア中央新幹線のトンネル工事に必要な用地の取得交渉が、相模原市の「神奈川県駅(仮称)」周辺で難航している。東京都調布市の道路陥没現場付近で行われていた東京外郭環状道路(外環道)のトンネル工事と同じ工法のため、駅周辺の住民に不安が広がっているためだ。

 リニア中央新幹線を巡っては、JR東海と沿線の静岡県との対立から工事が遅れ、当初予定の東京・品川―名古屋間の2027年開業は延期不可避となっている。相模原市の用地交渉も、開業に向けた新たな壁として立ちはだかる。

 調布市の陥没について、東日本高速道路はシールドマシンと呼ばれる大型掘削機で掘り進める工事との因果関係を認め、謝罪した。調布市では地下40メートルより深い「大深度地下」で工事が行われていたのに対し、相模原市ではより浅い地下をトンネルが通る予定となっている。

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文650文字)

あわせて読みたい

注目の特集