安保法違憲損賠訴訟が地裁結審 判決は5月26日 /宮崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 集団的自衛権行使を容認する安全保障関連法で精神的苦痛を受けたとして、県民279人が国に1人10万円の賠償を求めた訴訟が6日、宮崎地裁(古庄研裁判長)で結審した。判決は5月26日。

 原告は30~90代で元裁判官、元首長、母親、農業、自衛官家族と職も多様。2017年3月に提訴した。

 弁護団によると全国22カ所で同種訴訟が…

この記事は有料記事です。

残り188文字(全文348文字)

あわせて読みたい

注目の特集