メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

北村明子さん=アイルランドとの文化交流に取り組むダンサー・振付家

コンテンポラリーダンサーの北村明子さん=東京都千代田区で2020年12月24日、西夏生撮影

北村明子(きたむら・あきこ)さん(50)

 コンテンポラリーダンス界の第一人者が、アイルランドと日本の生活文化を結ぶ3年間の長期プロジェクトを立ち上げた。両国のアーティストによる共同制作の舞台作品を上演することが軸となる。

 第1弾としてアイルランドの伝統的な唱法「シャン・ノース」のベテラン歌手2人が来日し、日本の若手ダンサーら6人と東京・青山のスパイラルホールで今月9~11日に4公演を行う。「ケルト文化に根差した祈りのようなゲール語の歌声が響く中、豊かなダンスパフォーマンスを繰り広げたい」

 アイルランドとの本格的な出合いは一昨年夏、伝統文化の調査研究で訪れた西部ゴールウェーだった。「他の欧州と違ってアジアのような気配を感じた。人も生活様式も堅苦しくなく、雑多な魅力に満ちあふれていたから」と振り返る。帰国後、欧州で最も西に位置するアイルランドと極東の日本には、共通点が少なくないことを知った。鶴岡真弓・多摩美術大名誉教授から「ケルトと縄文の伝統文化は渦巻き装飾やアニミズムなどよく似てい…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文712文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです