米、アリババとテンセントへの投資禁止検討 中国軍の影響下と判断か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
アリババグループ本社前の警備員=中国・杭州で2016年、AP
アリババグループ本社前の警備員=中国・杭州で2016年、AP

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナル電子版は6日、トランプ米政権が中国電子商取引大手アリババグループとIT大手の騰訊控股(テンセント)への投資禁止を検討していると報じた。中国軍と関係があり、安全保障上の脅威に当たると判断しているもようだ。トランプ大統領は政権交代前に強硬姿勢を強めている。中国の反発は必至で、関係は一段と悪化しそうだ。

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文381文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集