メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジなど4カ国とカタールが和解合意 断交3年半で終止符 GCC首脳会議

イラン、サウジアラビア、ペルシャ湾

 サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーン、エジプトのアラブ4カ国が5日、2017年から約3年半断交していたペルシャ湾岸の産油国カタールと和解に合意した。サウジのファイサル外相が5日、サウジ北西部ウラーで開かれた湾岸協力会議(GCC)首脳会議の記者会見で明らかにした。

 4カ国はカタールがイランと接近したことなどを理由に一方的に断交したが、イラン包囲網の構築を目指すトランプ米政権が和解を仲介し、アラブ諸国の結束を促していた。

 「イランの核開発の脅威に対抗し、連帯する必要がある」。5日の首脳会議で議長国サウジのムハンマド皇太子が演説し、濃縮度20%のウラン製造という強硬姿勢に踏み切ったイランへの敵意をむき出しにした。

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです