初窯出し「人々の力に」 14代今泉今右衛門さん 初デザインにも挑戦

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
本窯から取り出した香炉を手に釉薬(ゆうやく)が「トロっと柔らかく溶けているか」確かめる14代今泉今右衛門さん=佐賀県有田町で2020年1月6日午前9時、峰下喜之撮影
本窯から取り出した香炉を手に釉薬(ゆうやく)が「トロっと柔らかく溶けているか」確かめる14代今泉今右衛門さん=佐賀県有田町で2020年1月6日午前9時、峰下喜之撮影

 佐賀県有田町の色絵磁器の窯元、今右衛門窯で6日、人間国宝(重要無形文化財保持者)の14代今泉今右衛門さん(58)による「初窯出し」があった。2020年12月21、22日に薪(まき)をたいて年を越した本窯から自作約30点を取り出し、「新型コロナウイルス禍の中で、人々の力になるものを制作したい」と創作への意欲を新たにした。

 コロナの影響で20年は2回の個展中止を余儀なくされた。21年は例年通り6回を予定しており、初窯出しの約30点は5月に東京都内で開く個展向けの花瓶や壺(つぼ)など。中でも直径約12センチの「色絵雪花藍色墨(せっかあいいろすみ)はじき四季花文(はなもん)香炉」は初めて挑戦するデザインで、正月の橘(たちばな)、春の桜、夏の朝顔、秋の柘榴(ざくろ)など12カ月それぞれの花や実をあしらった意欲作。プラチナ…

この記事は有料記事です。

残り84文字(全文445文字)

あわせて読みたい

注目の特集