メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナで失業の若者に住まいと仕事を 大阪のNPOが「チャン巣プロジェクト」

「チャン巣プロジェクト」について説明する「HELLOlife」の塩山諒さん(左)と三河葵さん=大阪市西区で2020年12月21日午後2時59分、村松洋撮影

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で仕事を失うなどした単身の若者に、住居を用意して就労支援をする取り組みを、大阪市のNPO法人が始めた。住まいを確保した上で安定した収入を得られる仕事を見つけてもらい、生活再建を後押しする。11日まで専用サイトで希望者を募っている。

 西区にあるNPO法人「HELLOlife(ハローライフ)」(塩山諒・代表理事)が実施する「チャン巣プロジェクト」。住居は府の協力で、四條畷市にある府営清滝住宅の空き室を活用する。一般財団法人「村上財団」も取り組みを支援し、家賃を無料で利用できるようにした。

 15歳からおおむね39歳までで、新型コロナの影響を理由に失業したり、住居を確保するのが難しくなったりした人などが対象。定員6人。専用サイト(https://www.chan-ce.com)を通じて申し込み、応募多数の場合は抽選。冷蔵庫や洗濯機などの生活家電がそろうコミュニティースペースもある。入居する自室の修繕をハローライフのスタッフと一緒にし、地元の自治会活動に参加できることが条件。

 早ければ2月下旬ごろから入居可能で、ハローライフの支援で就職活動の研修などを受けながら仕事を探してもらう。入居期間はおおむね1年。塩山代表理事は「長く働き続けられるためのサポートができればいい」と話している。

 就職氷河期世代にあたる35歳から40代半ばまでの人を対象にした同様の取り組みもしており、同じく11日まで参加者を募集中。定員5人で、家賃は月額2万5000円。問い合わせはホームページ(https://co.hellolife.jp)。【村松洋】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです