特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

感染者最多更新の福岡、最大確保病床の占有率「ステージ4」上回る

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見する松田峻一良・福岡県医師会長=福岡市博多区の県医師会館で2021年1月7日午後1時34分、青木絵美撮影
記者会見する松田峻一良・福岡県医師会長=福岡市博多区の県医師会館で2021年1月7日午後1時34分、青木絵美撮影

 7日に1日当たりとしては過去最多の388人の感染が確認された福岡県の小川洋知事は、現時点では県を緊急事態宣言の対象にするよう国に求める方針は示していない。ただ6日から2日連続で300人超の感染が確認されており、状況の推移を注視している。

 政府の分科会が設けた指標で県内の感染状況(6日現在)を見ると、直近1週間の10万人当たりの陽性者数が23・7人、感染経路不明の割合が50%超など多くが2番目に深刻な「ステージ3(感染者急増)」の基準を超えている。最大確保病床の占有率50・8%や、10万人当たりの療養者数38・7人は最も深刻で宣言の対象となる「ステージ4(感染爆発)」の基準を上回っている。

 小川知事は6日午前の記者会見で「ただちに医療提供体制が逼迫(ひっぱく)する状況ではない」と、宣言を要請する状況にないとの見解を示したが、その夜にこれまで過去最多だった190人(2020年12月31日)を大きく上回る316人の感染が確認された。県の担当者は「これまでにない増え方。増加を止めることが今まで以上に必要だ」と危機感をあらわにした。

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文753文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集