特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

頂点目指す最前列に1年生 体幹と意欲武器に 京都成章・森山選手 高校ラグビー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【京都成章-東福岡】後半、タックルを受けながらも突進する京都成章の森山飛翔選手=東大阪市花園ラグビー場で2021年1月5日、久保玲撮影
【京都成章-東福岡】後半、タックルを受けながらも突進する京都成章の森山飛翔選手=東大阪市花園ラグビー場で2021年1月5日、久保玲撮影

 第100回全国高校ラグビー大会で9日、初の決勝に臨む京都成章。ラグビー部は1年42人、2年45人、3年36人、計123人の大所帯だ。花園の登録メンバー30人に選ばれるべく、部員たちはしのぎをけずってきた。競争率の高いこの強豪には1年生ながら、花園で1回戦から全5試合に先発出場してきた選手がいる。右プロップの森山飛翔(つばさ)選手だ。

 ラグビーと出会ったのは小学校時代。ラグビーを始めた兄を見て、興味を持つようになった。中学時代は京都市の公立強豪校・藤森中でプレー。3年の時には、全国ジュニアラグビーフットボール大会の京都府選抜メンバーとして全国大会を経験し、30人の優秀選手の一人にも選ばれた。

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1146文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集