特集

毎日フォーラム

「官と民」「中央と地方」をつなぐ政策情報誌「毎日フォーラム」の記事を掲載しています。

特集一覧

毎日フォーラム・ファイル

改正種苗法 新品種の海外無断持ち出しを規制

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「陽光玫瑰」として売られるシャインマスカット=農林水産省提供
「陽光玫瑰」として売られるシャインマスカット=農林水産省提供

無防備な登録政策を転換 「自家増殖」の農家に戸惑い

 日本国内で新品種として登録された果物などの種や苗を海外へ無断で持ち出すことを防止する改正種苗法が、このほど成立した。新品種として登録された果物などの種や苗が海外に流出するのを防ぎ、新品種の開発を促進する制度で、一部の規定を除き2021年4月に施行される。無防備といわれた日本の種苗政策が転換期を迎えた。  現在の種苗法は、品種保護制度を規定する法律で、海外への持ち出しを規制する条項はなく、登録品種が販売された後に海外に持ち出されても違法ではなかった。品種登録制度は、苦労して植物の新品種を育成した人に、知的財産の一つである「育成者権」を付与し、この権利を一定期間保護することで、新品種の育成を振興するものだ。育成者権を有する者(育成者権者)は、業として登録品種の種苗等を利用(生産、譲渡など)する権利を専有する。種苗法による登録品種の保護で、国内の品種開発者が守られてきた。

 育成者権者に無断で登録品種の種苗を利用することは種苗法違反となり、登録品種の種苗を販売する際は登録品種名を使用しなければならず、登録品種と紛らわしい表示も同法違反とされた。

この記事は有料記事です。

残り1972文字(全文2473文字)

あわせて読みたい

注目の特集