メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

電力改革 問われる容量市場の在り方

電力小売りの全面自由化が始まり、料金プランをPRする新規参入業者=福岡市中央区で16年4月1日

自由化の最終段階 新電力に不利な初回入札結果

 発電と送電部門の分離によって電力自由化は最終段階に入ったとされている。しかし、従来の地域電力会社が負っていた供給義務が無くなった後も供給に支障が生じてはならない。そのためには将来に必要となる電源確保のコストを適正に配分する仕組みが欠かせないとして電力容量市場が新たに創設された。しかし、初回入札の結果は新電力にあまりにも不利だとして、新市場の在り方が問われる事態に至っている。

 小売り自由化により一般家庭まで電力会社を自由に選択できるようになった。これを受けて新電力の参入が相次ぎ、営業活動が活発に展開されている。新電力は、自ら発電した分に、相対で発電会社から調達する分を加えても足りない分を卸電力市場から買い入れている。

この記事は有料記事です。

残り2288文字(全文2622文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「かみさまのばか」 今井さんがつづった読書感想文の原文

  2. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 大学入学共通テスト、2日目始まる 理科と数学

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです