メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

コロナ検査の自販機登場、米カリフォルニア大に

 米カリフォルニア大学サンディエゴ校は、学生が新型コロナウイルス検査を自分でできるよう、検査キットの自動販売機を構内に設置した。写真は5日に撮影(2021年 ロイター/Mike Blake)

[PR]

 [サンディエゴ 6日 ロイター] - 米カリフォルニア大学サンディエゴ校は、学生が新型コロナウイルス検査を自分でできるよう、検査キットの自動販売機を構内に設置した。

 今月2日に11台設置し、向こう1、2週間中に9台追加する。大学関係者によると、大学の構内に検査キットの自販機を設置する取り組みは米国内で初めて。

 同校の構内で暮らす1万人の学生は、少なくとも週に1回検査をすることが義務付けられる。

 学生証を自販機に通せば無料でPCR検査キットが出てくる仕組みで、通常12─24時間以内に結果が判明する。

 陽性結果が出た学生のために、大学側は無症状者や軽症者向けに600床の宿泊療養施設も用意しているという。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. 「その気になればできる」 国産長射程ミサイルに込められた「隠れた狙い」とは

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです