特集

サッカーキング

株式会社フロムワンのサッカー情報サイト「SOCCER KING」から、コラム、選手インタビュー、試合リポートなどサッカーにまつわるあらゆるニュースを配信。

特集一覧

サッカーキング

ウルヴスFWヒメネスは経過良好、フィットネスを開始…昨年11月に頭蓋骨骨折

情報提供サッカーキング

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
アーセナル戦で負傷したラウル・ヒメネス [写真]=Getty Images 拡大
アーセナル戦で負傷したラウル・ヒメネス [写真]=Getty Images
 ウルヴァーハンプトンは6日、メキシコ代表FWラウル・ヒメネスら負傷者の現状について、クラブ公式サイトを通じて発表した。

 R・ヒメネスは2020年11月29日、プレミアリーグ第10節アーセナル戦の開始早々に相手DFダヴィド・ルイスと頭同士の衝突を起こし、そのまま病院に救急搬送された。同選手は頭蓋骨骨折の大けがを負って手術を受け、以降は戦列から離れている。

 発表によると、手術から約5週間が経過したR・ヒメネスは、徐々にフィットネスを始めている模様。復帰にはまだ時間を要するものの、経過は良好なようだ。

 また、ひざの打撲を負ったベルギー代表MFレアンデル・デンドンケルは練習に復帰。ハムストリングを負傷したコートジボワール代表DFウィリー・ボリー、夏にひざの手術を行ったスペイン代表DFホニー・オットは、まもなく全体練習に合流することが期待されている。

 一方、ふくらはぎの筋肉を損傷したポルトガル代表FWダニエル・ポデンセとそけい部を負傷したフェルナンド・マルサウは、練習復帰までまだ時間がかかる見込みだという。

【関連記事】
●「頑張れラウル」…頭蓋骨骨折のR・ヒメネス退院をウルブスが発表
●脳震盪の後遺症が9カ月間も? フェルトンゲン「多くの人は知らなかったが…」
●自身は26歳で引退…メイソン氏が悲痛な訴え「私のケガが人々の認識を変えず残念」
●青森山田は堀越に完勝…帝京長岡が市立船橋から逃げ切り準決勝へ/選手権準々決勝
●山口、チームスタッフの逮捕を発表…クラブは謝罪「深くお詫び申し上げます」

あわせて読みたい

注目の特集