メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

コロナで入院、私が見たもの 立憲・小川淳也衆院議員

インタビューに答える小川淳也・衆院議員=東京都千代田区で2020年12月11日、宮本明登撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。首都圏1都3県に緊急事態宣言が再発令され、緊迫度は増すばかりだ。立憲民主党の小川淳也衆院議員(49)は2020年11月に感染し、入院は11日間に及んだ。病棟には「汚染地域」と書かれ、隔離された病室での治療には孤独感が募ったという。仕事に復帰した小川氏に自身の体験を尋ねた。【聞き手・木許はるみ】

この記事は有料記事です。

残り3010文字(全文3179文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです