メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・この1本

チャンシルさんには福が多いね 多難でも、ほんわかと

映画「チャンシルさんには福が多いね」の一場面

 新しい年が始まったばかりなのに、なんだか前途多難。こんな時は、ほんわかした韓国作品で初映画館はいかが。

 チャンシル(カン・マルグム)は40歳の映画プロデューサー。頼りにしていた監督が急死して職を失い、坂の上にある借家に引っ越した。夢中になっていた映画の仕事から突然放り出され、気づいてみれば結婚も出産もしておらず独りきり。人生に迷うチャンシルの右往左往をペーソスとユーモアたっぷりに、ファンタジー調の味付けで描く。

 チャンシルの前にはいろんな人物が現れて、指針を示す。チャンシルをお姉さんと慕う女優ソフィ(ユン・スンア)は「考えすぎはダメ」とあっけらかん、大家(ユン・ヨジョン)は「きょうやりたいことだけ、一生懸命やる」と説く。年下のヨン(ペ・ユラム)に何かを感じ、一緒に幸せになれるかもと妄想する。そして、レスリー・チャンだと名乗るのに少しも似ていない幽霊(キム・ヨンミン)が、親身な相談相手になる。

この記事は有料記事です。

残り934文字(全文1336文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです