登別市長、今年の漢字は「敬」 観光事業支援実施表明も /北海道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
今年の漢字を「敬」とした小笠原市長=北海道登別市役所で2021年1月7日、平山公崇撮影
今年の漢字を「敬」とした小笠原市長=北海道登別市役所で2021年1月7日、平山公崇撮影

 登別市の小笠原春一市長は7日、市役所で年頭の定例記者会見を行い、毎年発表している今年の漢字は「敬」とし、「職員にはすべての人を敬愛し互いに思いやりをもって業務にあたってほしい」と述べた。また、新型コロナウイルス感染拡大で深刻な影響が出ている観光事業に対する独自の支援策を2月に実施する考えを示した。

 登別温泉がある同市には年間200万人の…

この記事は有料記事です。

残り130文字(全文300文字)

あわせて読みたい

注目の特集