東日本大震災

福島第1原発事故 津島原発訴訟が結審 提訴から5年 7月30日に判決 /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第1原発事故で帰還困難区域になった浪江町津島地区の住民が、国と東電に古里の原状回復などを求めた集団訴訟が7日、福島地裁郡山支部(佐々木健二裁判長)で結審した。判決は7月30日。

 津島地区の住民32世帯116人が、国と東電は津波による原発事故を予見、回避できたとして2015年9月に提訴した。原告は18年11月までに計231世帯682人となり、放射線量を年間積算1ミリシーベルトまで…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集