新型コロナ 4都県に緊急事態宣言 知事「外出自粛協力を」 時短延長も要請 25日まで /群馬

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
不要不急の外出自粛を求める山本一太知事=前橋市の県庁で2021年1月7日、妹尾直道撮影
不要不急の外出自粛を求める山本一太知事=前橋市の県庁で2021年1月7日、妹尾直道撮影

前橋、高崎追加へ

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府は8日から首都圏1都3県(東京、埼玉、千葉、神奈川)に「緊急事態宣言」を再発令する。これを受け、山本一太知事は7日の臨時記者会見で不要不急の外出や1都3県への往来を自粛するよう県民に要請した。また、県内7市町(桐生市、伊勢崎市、太田市、館林市、みどり市、大泉町、邑楽町)の飲食店などへの営業時間短縮要請の終了時期を11日から25日に延長し、12日からは前橋市と高崎市を新たに追加すると発表した。【妹尾直道、庄司哲也】

 行動基準などを定めた県独自の警戒度は現在、最高の「4」。3連休初日の9日からは1都3県への往来と午後8時以降の外出を極力控えるよう求める。学校の一斉休校や分散登校はせず、部活動は全国大会を除く対外試合の自粛を要請する。

この記事は有料記事です。

残り800文字(全文1147文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集