メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

温又柔さん=「魯肉飯のさえずり」で織田作之助賞受賞

温又柔(おん・ゆうじゅう)さん(40)=「魯肉飯(ロバプン)のさえずり」で織田作之助賞受賞

 吉報が届いた日、編集者らと魯肉飯を囲んで祝った。受賞作で「ふつう」をめぐるズレの象徴として登場する台湾料理。「誰が『ふつう』を決め、何がそう思わせるのか、ということに敏感でありたい」と語る。

 台湾と日本のはざまで揺れる母娘の物語。結婚し東京に移住した台湾人の雪穂は慣れない日本語で育児に奮闘する。そんな母を恥じ「ふつう」に押しつぶされそうになる桃嘉が、自らの「声」を取り戻すさまを描く。「小説を通して、異国で等身大に生きる雪穂やこの親子のような人たちに光が当たればいいな」。作中、異なる言語がさえずりのように…

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バスマットから考えるアスベスト問題 輸入禁止なのに「含まれていない」として輸入? 石綿水際対策の実態

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 「ラブライブ!」Tシャツを無断販売の疑い 35歳無職を書類送検 神奈川県警

  4. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです