メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメフト日本一、開催方式変更へ ライスボウル 学生と社会人に実力差、安全も考慮

 アメリカンフットボールで社会人と学生の代表が「日本一」を争う日本選手権「ライスボウル」が、現行方式での開催は今季が最後となる見通しとなった。7日、日本協会関係者への取材で明らかになった。日本協会は30日の臨時理事会で今後の開催方式などについて方向性を固める見込み。

 ライスボウルは当初、関東と関西の大学の選抜対抗戦として1948年に始まり、84年からは日本選手権として社会人と学生の王者が対戦する方式となった。通算成績は社会人の26勝12…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 河北麻友子、一般男性との結婚を発表 「本当に幸せー!」

  2. 東京で新たに1809人の感染確認 新型コロナ

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです