メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LookWESTけいざい

社員の成長後押し 副業・リモート、コロナで加速

野村不動産がJR大阪駅前にオープンしたシェアオフィス=大阪市北区で2021年1月4日午後3時41分、杉山雄飛撮影

 <週刊金曜経済 Kin-yo Keizai>

 関西の企業で社員の働き方が変わり始めている。副業やリモートワークなどの活用が進み、新型コロナウイルス禍もあって、時間や場所にとらわれない働き方が広がった。新しい働き方は、社員に柔軟な発想や多様な技術の取得を促す。社員の成長を後押しする企業の動きを追った。【杉山雄飛】

 「北海道の地域おこしに関わり世界が広がった」。ロート製薬(大阪市)で広報を担当する小谷美帆さん(30)は生き生きとした表情で語る。小谷さんは、副業として、北海道東部にある浦幌(うらほろ)町の木材製品加工販売会社「バトンプラス」で取締役を務めている。地域おこしにつなげようと、会社の同僚や東京のIT企業社員、北海道の林業事業者ら7人で2018年にこのベンチャーを立ち上げた。全員が副業として関わり、小…

この記事は有料記事です。

残り2413文字(全文2770文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです