連載

新型コロナ・緊急事態

毎日新聞デジタルの「新型コロナ・緊急事態」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

新型コロナ・緊急事態

関西一転、危機感前面 感染加速、病床空かず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
緊急事態宣言の再発令を政府に要請する考えを表明する大阪府の吉村洋文知事=大阪市中央区で2021年1月7日午後4時40分、木葉健二撮影
緊急事態宣言の再発令を政府に要請する考えを表明する大阪府の吉村洋文知事=大阪市中央区で2021年1月7日午後4時40分、木葉健二撮影

 新型コロナウイルスの感染急拡大で、大阪府の吉村洋文知事が緊急事態宣言の再発令を国に要請する意向を明らかにし、兵庫、京都両府県も足並みをそろえて要請を検討することになった。5日の関西広域連合の会議で仁坂吉伸連合長(和歌山県知事)が「関西はお願いする事態にない」と述べてからわずか2日。病床使用率が上昇するなど医療状況の逼迫(ひっぱく)が進んでおり、事態は急展開した。

 「首都圏は完全に感染者数が右肩上がりになっている。今後、大阪でも減少の可能性より拡大の可能性の方が高い」。吉村知事は7日、府庁で記者団に厳しい表情で危機感を表明。1日当たりの新規感染者数が6日に続き7日も過去最多(607人)になったとし、「医療体制も今後、逼迫が予想される」と要請の理由を述べた。

この記事は有料記事です。

残り1807文字(全文2139文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集