総務相、スマホ相談所「22年度以降はビジネス化」 民間事業化の後押し検討

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
武田良太総務相=竹内幹撮影
武田良太総務相=竹内幹撮影

 総務省が今夏に試験事業を始める予定の「スマホ乗り換え相談所」について、武田良太総務相は8日の閣議後記者会見で「2022年度以降はビジネスベースで事業を展開したい」と述べ、国の実験後に民間による本格的な事業化を後押しする考えを示した。

 相談所には、複数の保険会社の商品を比べられる「保険ショップ」のような役割を想定しており、中立の立場で携帯各社のサービスを比較し、契約事業者や料金プランを変更する際のハードルを下げることを想定している。…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文545文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集