「大麻」に栽培免許? 実は日本伝統の農作物 栃木の「博物館」で学ぶ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大麻製の布。肌触りが柔らかい=栃木県那須町の大麻博物館で2020年11月17日午後、真田祐里撮影
大麻製の布。肌触りが柔らかい=栃木県那須町の大麻博物館で2020年11月17日午後、真田祐里撮影

 大麻といえば、マリフアナ? そんな危険なイメージが漂うが、糸や布、げたの鼻緒、釣り糸にもなってきた日本の伝統農作物でもある。現代の洋服の麻とも違うらしい。大麻の生産量ダントツの栃木県に「大麻博物館」があると聞き、正しい大麻の歴史と用途を学んできた。【真田祐里】

 那須インターチェンジを降りて、おしゃれな飲食店や土産物屋が並ぶ那須街道を北西に進む。1本小道に入ると、異質なログハウスが目に入った。大麻の葉のマークを掲げた「大麻博物館」で、2001年に私設博物館として開館した。

 扱うのはもちろん違法薬物のマリフアナではなく、伝統的な農作物としての大麻である。

この記事は有料記事です。

残り1441文字(全文1720文字)

あわせて読みたい

注目の特集