メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「歌会始の儀」「講書始の儀」いずれも延期 緊急事態宣言受け 1953年以来

天皇、皇后両陛下、皇族方らが出席されて行われた歌会始の儀=皇居・宮殿「松の間」で2020年1月16日午前10時32分(代表撮影)

 宮内庁は8日、新年恒例の皇居・宮殿での「歌会始の儀」を延期すると発表した。新型コロナウイルスの感染防止対策を講じて15日に実施する予定だったが、4都県に政府の緊急事態宣言が再発令される中、参列者に地方から上京する高齢者もいることなどを考慮した。12日に予定していた「講書始の儀」も延期する。いずれの儀式も、感染状況も踏まえたうえで3月ごろまでに実施できないか検討する。

 歌会始は、天皇、皇后両陛下や皇族方、一般入選者らの歌が披露される。今年の題は「実」で、宮内庁は2020年12月、感染防止対策として、歌を読む人がフェースシールドを着用するなどの対策を取ることを発表していた。講書始の儀では、両陛下が学界の第一線で活躍する学者から講義を受けられる。

 ともに皇室の伝統行事で、延期は昭和天皇の弟秩父宮さまが逝去した1953年以来。昭和天皇逝去の際は取りやめになっている。【和田武士】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. DVから逃れたのに元夫が突然現れ…原因は「役所のミス」 被害女性の怒り

  5. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです