特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

大阪知事「天井突き抜けた」 緊急事態要請 兵庫、京都知事も危機感

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
対策本部会議で緊急事態宣言発令の要請を決定し、記者の質問に答える吉村洋文大阪府知事=大阪市中央区で2021年1月8日午後3時37分、北村隆夫撮影
対策本部会議で緊急事態宣言発令の要請を決定し、記者の質問に答える吉村洋文大阪府知事=大阪市中央区で2021年1月8日午後3時37分、北村隆夫撮影

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言は8日、大阪、兵庫、京都の3府県も国に再発令を要請することを正式に決めた。同日の新規感染者数は3府県とも過去最多で、大阪では3日連続の更新で654人を記録し、医療関係者の危機感は強まるばかりだ。増加の背景には年末年始の会食もあると分析され、発令されれば首都圏と同様、飲食店は午後8時までの営業時間短縮を求められることになる。店主らに嘆息が広がる一方、「宣言は当然で遅すぎる」と政府や自治体の対応を批判する声も聞かれた。

 「(新規感染者数が6日に500人を超え)天井を突き抜けた。次も(過去最多を)超えるだろう。東京でも『2400人』との報道があり、ステージが変わったと思った」。大阪府の吉村洋文知事は8日の府対策本部会議後、記者団に、緊急事態宣言の再発令要請に方針転換した際の心境をこう振り返った。

この記事は有料記事です。

残り2144文字(全文2510文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集