特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

桐蔭学園のスピードか、京都成章の「ピラニアタックル」か 9日決勝・全国高校ラグビー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
全国高校ラグビー大会で連覇が懸かる桐蔭学園のFB矢崎由(左)と初優勝を狙う京都成章のロック本橋
全国高校ラグビー大会で連覇が懸かる桐蔭学園のFB矢崎由(左)と初優勝を狙う京都成章のロック本橋

 第100回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は9日午後2時5分から、東大阪市花園ラグビー場で決勝が行われる。3大会連続で決勝に進んだ桐蔭学園(神奈川)は、第89~91回大会(2009~11年度)で3連覇した東福岡以来、史上9校目の連覇が懸かり、京都成章は初の決勝で頂点を狙う。

 FWの圧力やスピード豊かな攻撃力で、桐蔭学園が優位に立つ。理詰めの連続攻撃で突破を図る桐蔭学園に対し、京都成章の組織的な防御が機能するかが最大の焦点になる。正確なタックルでロースコアの展開に持ち込み、好機を着実に得点につなげたい。

この記事は有料記事です。

残り1006文字(全文1291文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集