メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・お薦め!!

五木のSHOW学校ほか

五木ひろし

 <楽庫(らっこ)>

 ★五木のSHOW学校

 いち早く演歌のコンサートに「ポストコロナモデル」を提案実践した五木ひろしが、14日から24日まで11日間16公演という新春長期公演を東京・明治座で行う。

 五木は昨年9月、浅草公会堂での少人数のアコースティック楽器による舞台演出で、感染対策に留意した公演を実施。今後のコンサートの形態を占うと注目された。新春公演も明治座と調整しながら安全な「ITSUKI MODEL」を展開する予定。

 1部がテレビなどでも人気の「歌う! SHOW学校」。五木が毎回キャラクターの異なる教師になって生徒を指導する。生徒は、朝花美穂、一条寛太、川野夏美、新浜レオン、はやぶさ、レーモンド松屋が全日程に参加。日程によって、川上大輔、椎名佐千子、みちのく娘!が出演する。毎ステージの衣装も指導内容も五木自身が決め、とんでもない“ムチャぶり”と生徒の対応が見もの。2部は五木中心のコンサートという構成。延期・中…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文821文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 英変異株、初の市中感染か 英国滞在歴ない静岡県の男女3人

  5. 全国で新たに4927人感染確認 月曜最多 重症者973人、15日連続最多更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです