メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと!

中京11R・シンザン記念/中山11R・ポルックスS

坂路でラスト11秒6 牝馬ククナ上昇一途

 【シンザン記念】ククナの進化を追いかける。2戦目の札幌芝1500メートルの未勝利戦を推定10秒台のラップを含む34秒4の末脚で快勝。その瞬発力に手応えを感じたのだろう。前走はGⅢアルテミスSに挑戦。1000メートル通過60秒9のスローペースとなったが、33秒4の末脚で2着に食い込んだ。引き続き左回りのマイルで、洋芝の対応力からパワー馬場も大丈夫。美浦坂路の追い切りではラスト1ハロン11秒6という驚異的なラップを計測し、状態も上昇一途だ。

 強敵はバスラットレオン。札幌芝1800メートルの新馬戦を上がり33秒6で勝ち上がり、札幌2歳Sでも3着に踏ん張った。朝日杯フューチュリティSは1000メートル通過56秒9のハイペースを好位で追走。4着に終わったが、1分32秒8は優秀だ。まだ絞れる体つきで、良化の余地は大きい。

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文663文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. ワイン海に沈め波で熟成、まろやかに 半年後に引き揚げ、好評 神奈川

  3. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. ORICON NEWS 嵐・櫻井翔の新番組『1億3000万人のSHOWチャンネル』初回13%からスタート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです