東日本大震災10年

メッセージ 俳優・渡辺謙さん 被災地照らす「灯台」に 宮城・気仙沼の人たちと育むカフェ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2021年3月11日で東日本大震災の発生から10年となります。各界で活躍する被災地ゆかりの方々に東北の地や震災発生当時の思い出、被災地に送るエールなどを聞くシリーズ「メッセージ~東日本大震災10年」。今回は、約7年前に宮城県気仙沼市にカフェをオープンさせた俳優の渡辺謙さん(61)です。被災地に「灯をともしたかった」という渡辺さん。なぜ、カフェを開店させるという“支援のカタチ”を選んだのでしょうか――。

 13年、気仙沼市中心部の内湾(ないわん)地区にカフェ「K―port」を開きました。店名の「K」は気仙沼や自分の名前のイニシャルなどから。「port(英語で「港」の意味)」には、地域の皆さんの精神的な港にしたいという思いを込めました。

この記事は有料記事です。

残り2005文字(全文2325文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集