東日本大震災

福島第1原発事故 恩返しの手作りエコバッグ 二本松に避難の菊地さん寄付 /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新聞紙などで作ったエコバッグを福島県二本松市の三保恵一市長(右)に手渡す菊地トミ子さん=同市役所で2021年1月8日、渡部直樹撮影
新聞紙などで作ったエコバッグを福島県二本松市の三保恵一市長(右)に手渡す菊地トミ子さん=同市役所で2021年1月8日、渡部直樹撮影

 東京電力福島第1原発事故による避難指示で浪江町津島地区から二本松市の災害公営住宅(復興住宅)に避難している菊地トミ子さん(86)が8日、浪江町からの避難者を多く受け入れている二本松市に恩返しをしようと、手作りのエコバッグやゴミ袋など約1000個を寄付した。市役所で三保恵一市長に手渡した。

 エコバッグは新聞紙やチラシを折ってテー…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文397文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集