新型コロナ 太田市は成人式中止 3町延期、29市町村規模縮小 /群馬

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県内でも新型コロナウイルスの感染が急拡大する中、太田、下仁田、甘楽、草津の4市町は、10日に予定されていた成人式の中止や延期に踏み切った。例年8月に開催する嬬恋、上野両村を除く残りの29市町村でも規模縮小やオンライン中継といった感染対策を図るなど、これまでにない成人式となりそうだ。

 太田市は7日、市内で感染者が増えている現状を受けて式典の中止を決定、写真撮影のみ行うと発表した。「密」を避けるため3部制にするなど対応を検討してきたが、これ以上の感染拡大を防ぐ必要があると判断した。

 昨年12月の段階で延期を決めたのは下仁田町。5月ごろの開催を予定している。担当者は「一生に一度のこと。新成人や家族に申し訳ない」と話す。草津町は例年8月に開催していたが、今年度はコロナ対応で1月とし、再び延期となった。「中止でなくて良かった」。手分けして出席予定の新成人に連絡した町職員は、電話口でそう言われたという。甘楽町も延期を決めたが、代替日程は未定だ。

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文1082文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集