メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住んで!埼玉

/7 小川 築130年超、旧比企銀行を改修 人とのつながり感じ /埼玉

旧比企銀行の建物再生に取り組む(左から)上原佳広さん、木谷海斗さん、石田卓也さん。建物前にいると、近所の人から「楽しみにしてますね」と声がかかる=埼玉県小川町で2020年12月12日、岡礼子撮影

 <住んで!埼玉(SAITAMA)>

 武蔵の小京都と呼ばれ、ユネスコ無形文化遺産に登録された和紙の産地として知られる小川町。秩父往還の宿場町で交通の要衝でもあり、歴史ある木造建築が点在する。その一つ、旧比企銀行(小川町大塚)の建物を再生しようと、建築を学ぶ大学院生3人が町内に事務所兼住まいを借りて活動している。

 3人は、いずれも横浜国立大学大学院修士課程2年で、横浜市に住んでいた石田卓也さん(24)、木谷海斗さん(24)、上原佳広さん(25)。それまで縁のなかった小川町に来るきっかけは2020年2月、石田さんが、大学の後輩で町に移住した高橋かのさん(23)から「民泊用に古民家を改修する」と聞いたことだった。面白そうだと感じ、上原さんを誘って改修作業に参加した。

この記事は有料記事です。

残り1239文字(全文1573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです