メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

渋沢栄一を歩く

/1 一族の地「血洗島」 「中の家」の跡取り息子 /埼玉

現在の「中の家」の母屋=埼玉県深谷市血洗島で2020年10月16日、中山信撮影

 次の1万円札の「顔」として注目が高まる渋沢栄一(1840~1931年)。「日本資本主義の父」と呼ばれる深谷市出身の実業家です。江戸、明治、大正、昭和まで激動の4時代を突き進んだ生涯を、生まれ故郷を中心とした取材からたどります。【中山信】

 渋沢栄一は江戸末期の1840(天保11)年、武蔵国榛沢(はんざわ)郡血洗島(ちあらいじま)村(現在の深谷市血洗島)の農家に生まれた。明治改元(1868年)に先立つこと28年、中国大陸では清国と英国との間でアヘン戦争が起こった年だ。

 血洗島村の南側には江戸の五街道の一つ・中山道(なかせんどう)が通り、江戸から9番目の宿場である深谷宿がにぎわっていた。村の北側には利根川が流れ、江戸時代から明治末まで中瀬河岸場(なかぜかしば)が設置されて物資の積み替えや乗客の乗り継ぎで繁栄していた。

この記事は有料記事です。

残り1625文字(全文1986文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 河北麻友子、一般男性との結婚を発表 「本当に幸せー!」

  2. 東京で新たに1809人の感染確認 新型コロナ

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです