メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IR賛否 住民投票実施せず 横浜市議会、本会議も条例案否決 /神奈川

IR誘致の賛否を問う住民投票条例案を否決した横浜市議会=同市中区の市議会で2021年1月8日、樋口淳也撮影

 横浜市議会は8日、カジノを含む統合型リゾート(IR)誘致の賛否を問う住民投票条例案を自民、公明党系会派の反対多数で否決した。条例案は法定数の約3倍の署名を集めた市民団体が直接請求したが、住民投票は実施されないことが正式に決まった。

 採決に先立って行われた討論では、各会派の代表者らが意見を述べた。最初に登壇した立憲・無所属フォーラムの望月高徳氏は、19万3193筆の署名が集まった請求の重みを強調。議員に対し「市民から選ばれた議員として、寄り添った対応をすべきだ」と訴えた。

 これに対し自民党・無所属の会の黒川勝氏は「軽々に市民に判断を委ねるような問題ではない」と主張し、「議会人としての矜持(きょうじ)を持って反対する」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです