特集

第100回高校ラグビー 東海大相模(神奈川)

第100回全国高校ラグビー大会に出場する東海大相模(神奈川)を紹介するページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

桐蔭学園、きょう決勝 初の連覇へ、いざ /神奈川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
決勝への意気込みを語る(左から)青木恵斗選手、藤原秀之監督、佐藤健次主将=代表撮影
決勝への意気込みを語る(左から)青木恵斗選手、藤原秀之監督、佐藤健次主将=代表撮影

 第100回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高体連など主催)は9日、決勝が行われ、県代表の桐蔭学園が初の連覇を懸け、京都成章(京都)との試合に臨む。監督と選手が8日、ウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」で取材に応じた。佐藤健次主将(3年)は「決勝の舞台でプレーできることに感謝したい。コロナで大変な時期を乗り越え学んだことがある。試合で表現したい」と語った。

 桐蔭学園は8日、神戸市内のグラウンドで約1時間半、最終調整を行った。藤原秀之監督は「選手の様子は非常に明るくていい雰囲気だった。中2日空いて体も軽くなってきた印象」と話す。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文600文字)

あわせて読みたい

注目の特集