特集

第70期王将戦

第70期王将戦の特集ページです。3冠を誇る渡辺明王将に、タフな戦いを得意とする永瀬拓矢王座がどこまで迫るか。

特集一覧

第70期王将戦 あすから第1局 掛川から新時代 3連覇狙う渡辺明王将 初挑戦の永瀬拓矢王座 /静岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
3連覇を目指す渡辺明王将=東京都渋谷区の将棋会館で2020年6月26日、宮間俊樹撮影
3連覇を目指す渡辺明王将=東京都渋谷区の将棋会館で2020年6月26日、宮間俊樹撮影

 将棋界に新春の到来を告げる第70期王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社、日本将棋連盟主催、囲碁将棋チャンネル、立飛ホールディングス協賛)の第1局が10、11日、掛川市の掛川城二の丸茶室で行われる。3連覇と通算5期目の王将位を目指す渡辺明王将(36)=名人・棋王=に対し、初挑戦の永瀬拓矢王座(28)が挑む。第59期から12期連続の開催となるだけでなく、第1局が第61期から10期連続の「掛川城対決」となる節目。「次なる10期」に向けて新時代が幕を開ける。【福沢光一】

 10期以上にわたり、一つのタイトル戦を同じ地方都市で開催するケースはまれ。掛川市、島田掛川信用金庫、地元経済団体・ゼロの会の3者による「オール掛川」で運営を担ってきた成果といえる。

この記事は有料記事です。

残り1456文字(全文1788文字)

【第70期王将戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集