特集

第70期王将戦

第70期王将戦の特集ページです。3冠を誇る渡辺明王将に、タフな戦いを得意とする永瀬拓矢王座がどこまで迫るか。

特集一覧

第70期王将戦 あすから第1局 日本将棋連盟掛川支部長、島田掛川信用金庫理事長、ゼロの会会長の話 /静岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本将棋連盟掛川支部の中山雅夫支部長=静岡県掛川市役所で2020年11月26日、福沢光一撮影
日本将棋連盟掛川支部の中山雅夫支部長=静岡県掛川市役所で2020年11月26日、福沢光一撮影

実力者対決楽しみ 日本将棋連盟・中山雅夫掛川支部長

 第1回以来の12年間、王将戦の開催に携わってきました。市職員として開催の受け入れを担当して、部署が変わってから将棋連盟の立場でお手伝いし、2015年に退職して現在に至っています。

 11年7月に日本将棋連盟掛川支部、大人から子どもまでが将棋で交流する現「王将サロン」(掛川城竹の丸)をそれぞれ開設したことなどが形ある成果だと思っています。

 今期はコンピューターで研究する世代の永瀬拓矢王座が渡辺明王将に挑戦します。世代が違う実力ある2人の対決が今から楽しみです。

この記事は有料記事です。

残り537文字(全文793文字)

【第70期王将戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集