メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

翔べ!!V・ファーレン

サッカー 新監督就任、期待高鳴る /長崎

V・ファーレン長崎の吉田新監督

 新しい年がやってきた。新しいカレンダーや新しい手帳を見て新鮮さを感じ、新しい何かが始まることへの期待に胸を高鳴らせている人も多いことだろう。

 V・ファーレン長崎も新しい指揮官を迎えた。吉田孝行コーチが新監督に就任したのだ。兵庫県出身の吉田監督は現在43歳。現役時代は横浜Fマリノスやヴィッセル神戸でプレーし、2013年を最後に現役を引退。その後は神戸でコーチを務めていたが、17年のシーズン中に神戸の監督に就任すると、元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキ選手や、元スペイン代表のアンドレス・イニエスタ選手といった世界的なビッグスターを率いて戦った。

 V・ファーレンには昨年からコーチとして加入し、手倉森誠前監督の片腕としてチームを支えた。年末の慌ただしい中での決定だったため、監督就任の経緯や理由の説明はもう少し先になりそうだが、新監督の実直な人柄と、気持ちを大切にする指導が、どうチームに反映されるのかに注目したい。

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 営業時間命令違反で過料、入院拒否には刑事罰 自民が特措法改正案など了承

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. 「日本政府は中国と同じことを頼む」 ニューヨーク・タイムズ前支局長が内実を暴露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです