メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南山手からこんにちは

長崎・気象台便り 「あびき」予報は今後の課題 /長崎

 長崎湾では、冬から春先にかけて、約30分で海面が1メートル以上、上下動する副振動がたびたび発生します。係留中の船舶の流失、浸水や冠水の被害が出ます。漁網が速い流れで流される「網引き」から長崎の方言で「あびき」と呼びます。同様の現象は、海外を含め他の地域でもあり、最近「気象津波」と言われています。

 「あびき」の発生原因やメカニズムについては、海洋気象台創設直後に、観測だけでなく、理論や模型実験などを併用して研究されました。その後も多くの研究があり、原因は九州の南海上における低気圧の通過や前線が停滞することで発生する、東シナ海中国沖での2~3ヘクトパスカルの気圧変化だとわかっています。この変化で海面が上下し、東シナ海を伝わってくる間に徐々に上下動が大きくなり、長崎湾でさらに大きくなります。伝わる速さは…

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文885文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 営業時間命令違反で過料、入院拒否には刑事罰 自民が特措法改正案など了承

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. 「日本政府は中国と同じことを頼む」 ニューヨーク・タイムズ前支局長が内実を暴露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです