特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 緊急事態宣言 関西3府県、きょう要請 「医療崩壊懸念」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
緊急事態宣言を受けて午後8時で閉店した居酒屋の店長。飲食店が集まる一帯はこの時間で閑散としていた=東京都新宿区で2021年1月8日午後8時10分、滝川大貴撮影
緊急事態宣言を受けて午後8時で閉店した居酒屋の店長。飲食店が集まる一帯はこの時間で閑散としていた=東京都新宿区で2021年1月8日午後8時10分、滝川大貴撮影

 関西圏での新型コロナウイルスの感染急拡大で医療崩壊の危機が迫っているとして、大阪、兵庫、京都の3府県は8日、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」の発令を政府に要請することを正式決定した。宣言が発令された場合は首都圏と同様、飲食店を中心に午後8時までの営業時間の短縮要請など対策強化に踏み切るとみられる。3府県の知事は9日、西村康稔経済再生担当相にオンライン会談で要請する。

 吉村洋文大阪府知事は8日の対策本部会議で、「非常に厳しい感染状況で、一段上の感染防止策をお願いしないと医療体制が崩壊してしまう」と説明。宣言の要請に転じた主な理由として、新規感染者数が6、7日の2日連続で過去最多を更新したことや20代を中心に若者の感染が急増している状況を挙げた。

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文688文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集