メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ツイッター・FBに批判 「投稿野放し」 トランプ氏を凍結

 トランプ米大統領の支持者による米連邦議会議事堂占拠を受けて、トランプ氏の交流サイト(SNS)での不適切な投稿を野放しにし、暴動を誘発したとツイッターやフェイスブック(FB)への批判が強まっている。両社ともトランプ氏のアカウントの一時凍結に踏み切ったが、投稿に規制を求める声も高まっている。

 トランプ氏は6日、SNSに支持者に帰宅を呼び掛ける動画を投稿。しかし、暴力を非難せず「選挙は盗まれた。不正選挙だった」とあらためて主張した。SNS各社は利用規約に違反していると判断し、動画を削除した。

 FBのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は「大統領にサービスの使用継続を許すリスクが大きすぎる」と強調。ミシェル・オバマ前大統領夫人は7日、「シリコンバレーの企業は、事業基盤からこの男(トランプ氏)を永久追放する時だ」と訴え、国の指導者が暴動をあおることをできないようにする仕組みの導入も求めた。

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文652文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 英変異株、初の市中感染か 英国滞在歴ない静岡県の男女3人

  5. 全国で新たに4927人感染確認 月曜最多 重症者973人、15日連続最多更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです